LOG IN

ひまわり

by Ryota Nagashima

ゴッホのひまわりと向き合ったときに、

この人は絵を描くのが本当に好きだった、

そして特に、このひまわりを描いたときは楽しかったんだろうなぁと感じた。

もちろん、ゴッホの生涯は本や映画を通じて知っている。だからこそ、実際にゴッホ自身がどう思ってたのかは分からない。

しかし、少なくとも私は、この絵から溢れるような描く喜び、もっと言うと、"愛"を受け取った。

そこにはゴーギャンの存在も大きいと思う。

当時はほとんど受け入れられなかった絵を、自分の絵と交換したいとまで言って評価してくれたゴーギャンが、これから共同生活をしに自分のいる場所に来てくれる。その人を歓迎するために、その人に喜んでもらうために絵を描くという時間は、かけがえのないものだったのだろうと思う。

そうやって生まれたゴッホのひまわりが、いま目の前にあって、"愛"を感じさせてくれる。

まさかこんな気持ちになるなんて。

まるで太陽に照らされたように暖かい。

どういう絵が飾ってあるのかは事前に知った上で美術館に行くけれど、作品の目の前に立ってみないとどんな感情が生まれるのかは分からない。

この"分からない"に惹かれて、休みの日には美術館に足が向く。

作品を通じて、作者のことを想像してみると、

思わぬ発見があるものです。

ゴッホは自分の絵がこんなにも多くの人に見られることを想像していたのかな。ゴッホ自身が1番信じられなかったかもしれないし、もしかするとそりゃそうだろうと思っているかもしれない。

OTHER SNAPS