LOG IN

はじまりの夜に

by Ryota Nagashima

旅が始まる。

2年前に漠然と考え始め、だんだんと現実味を帯びた考えが決断に変わった時、始まりはまだずっと先のことだと思っていた。

そんな旅がいま始まろうとしている。

当たり前だけど、始まったからには終わりに向かって進んでいく。

ずっしりと重いバックパックを背負って。慣れないうちはゆっくりと進むことになりそうだ。

静かな夜。

空には厚い雲がかかっていて、雨の音がよく聞こえる。静かな冷んやりとした夜。

これから出会う人や街や景色は、

歓迎もせず、かといって拒むこともせず

ただそこに在る。

向かうのはいつだって自分で、 

そこで何を感じて、

何を得るのかは自分次第だ。

始まりが気持ち良い晴れた朝じゃなくてよかった。勝手に歓迎されている気分になっちゃってたよきっと。

日本のバスは居心地がいいなぁ。

とか、1年後の今頃は一丁前に言ってるんだろうかなんて考えながら、

夜行バスで、最初の目的地である京都に向かう。

外国へ行くのはもう少しだけ先です(笑)

OTHER SNAPS